MENUCLOSE

BergEarth

栽培管理者という職業

栽培管理者という職業

一流の育苗管理者を目指しませんか?

「良い苗」はその後の生育をスムーズにします。生産者が苗を購入することが当たり前となった現代において、「良い苗」を作ることができる育苗管理者は、本当に価値ある存在です。

まだまだ、社会に認知されていない職業ではありますが、「育苗管理」という仕事について、その楽しさ、大切さを知っていただけると幸いです。

栽培管理者とは

栽培管理者の重要性

栽培管理者の仕事

○潅水…苗に水をかけます。前後の天気・苗の状態・品種・生育ステージによって潅水量を細かく調整する必要があります。未来の苗姿をイメージし、その時々で適切な潅水量を判断すること、その判断通りに水をかけられることが、育苗管理者の技術と言えます。

○施肥…苗に肥料(液肥)を与えます。苗の状態を見ながら、適切なタイミング・量・種類の施肥を行う必要があります。潅水と並んで、育苗管理者の技術の象徴です

○農薬散布…苗を製品として扱うにあたり、病害虫に侵されていないことは大前提です。しかし、苗は常に病害虫の驚異にさらされています。季節・環境毎に異なる病害リスクに対し、適切な防除計画を立て、農薬を散布していきます。

○苗の入庫…生産計画に従って、ハウスでは絶えず苗が出入りします。品目・出荷日・本数を考慮しながら、効率の良い入庫計画を決め、実際に入庫していきます。

○試験…栽培試験の計画を立て、実際に試験を行います。新しい品種が出ればそれにあった育苗管理を検討する必要があります。前年度問題があったオーダーについては、次年度改善しなければなりません。また、環境的に苗が作りにくい時期(梅雨など)に苗質を維持する方法も常に模索します。育苗管理者は日々の業務の中で突き当たる課題に対し、様々な試験栽培を行うことで、解決を目指します。

○打ち合わせ…営業をはじめ様々な部署のメンバーと案件や新製品についての打ち合わせを行います。どういう苗がお客様に求められているかを考えながら、そのニーズに沿うための育苗方法を模索します。

栽培管理者インタビュー

  • 01-苗づくりは“作品づくり”-

    苗づくりも作る人の気持ちが反映されやすいと私は考えています。

  • 02-苗をよく見る事を一番大切にしています-

    同じ品目でも品種によって葉や生育など特徴があり、育苗をしていて面白い所の一つです。

  • 03-誇りが持てる仕事でもあり、趣味でもあります-

    お客様に苗が届き、納得された時がうれしい瞬間です。

  • 04-「食と暮らしを支える大事な仕事」です-

    野菜苗の育苗を通して皆さんの「食と暮らし」に関われるやりがいのある仕事だと思います。

おわりに

農業は機械化が難しい産業だと言われます。生物を相手にしていること、刻々と変わる天候に対応しなければならないこと、機械を導入しにくい作業環境であることなど要因は沢山あります。ベルグアースの育苗事業においても同様です。機械化・自動化できる部分は積極的に導入を進めていますが、まだまだ「人」に依存している部分が沢山あります。
ゆえに、今後は苗を作る・組織をマネジメントすることだけにとどまらず、人間が判断しなくてはいけない部分と機械に任せられる部分を見極め、効率よく良い苗を作ることができる仕組みを開発する人材も求められています。
食の根幹を担う育苗管理という仕事、それをさらに一歩進める仕事に、一緒に取り組んでみませんか?